ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターの適正と資格は?年収とやりがいは?種類と学校の選び方!

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、ゲームの企画と制作に関して、関与するクリエイターの総称である。具体的には企画立案者としてのゲームプランナーや、ゲームのプログラムを書くプログラマー、ゲームのデザインを担当するゲームデザイナーなど、ゲームの製作にかかわる、ビジネスパースンを広くさす呼称である。

ゲームクリエイターの仕事内容と種類

問題の所在
ゲームプランナーになるには?
企画かプログラマーか?
文系なので、何から始めたらいいのか?イメージがわかない。
企画の仕事から入るのが文系出身者としては、適切なのか?すると、マーケッティングから勉強か?

企画職でゲームプランナーになるにも、プログラミングの知識が必要との見解もあり、さらにプログラマーになるには、数学も必要との、ネットの情報もあるので、数学からスタートすることも考えた。

でもモチベーションが続きそうにない。
共感わかるわかる!堂々巡りで答えが出ない。

でもここってすごく大事なところ、
ここで、安易に、結論を出してしまうと、あなたが、本来前人未踏のゲームプランナーになれる素質があるにもかかわらず、平凡なゲームプログラマーで一生を過ごす羽目にも..

ゲームクリエイターの年収と給与体系

 

ゲームが好きで、プログラマーになる時代ではない。
もはや、これまでのゲームの延長線でのゲームクリエイターは生き残れない!

3D技術を駆使したゲームが一世を風靡する際に、それまでのゲームが好きでプログラマーになった人が、数学に疎く、三角関数すらできずに、市場から退場した。

3D技術を駆使したゲームプログラミングは、三角関数が必要不可欠なので、数学が苦手では済まされないという時代があった。

現在では、組織の下流でプログラミングを制作するゲームプログラマーでさえ、高等数学の基礎知識は必須

数学というよりも数学者的視点を有するかどうかが問われる。

結論 現在のゲームプランナーに求められる資質
哲学者や数学者の要素をもったプログラミング技術の理解者
文系の大学では、哲学的要素を伴う学科を極めよう。決して哲学科へという意味ではない。プログラミングの基礎的知識は、専門学校で(現代の専門学校は大学と上下の関係にない。補完関係である。大学とのダブルスクールが前提)

従来のゲームプランナーの枠で考える× 現在のゲームプランナーの枠組みで考える〇 
ゲーム企画職からプランナーへ×    哲学者からプランナーへ〇 
プログラマーからプランナーへ×    数学者からプランナーへ〇

 

見出し、従来の感覚で、ゲームクリエイターになろうとすると、大失敗する。
計算的要素はAIを装着したゲームエンジンが!数学でさえもない。
リード文 文系理系を問わず、多方面に興味をもったビジネスパーソンこそゲームクリエイター


プログラマーの感覚を理解する必要はある。しかし
職業プログラマーを経て、ゲームプランナーになる必要はない。

3Ⅾ技術でさえ、もはや古い!ホログラム技術が発展し、日常空間を立体空間に再現し、ゲーム要素を入れていけるクリエイターこそ、ひっぱりダコになる。

実は、人間は、目が、見えなくとも、金属を知覚できる能力を持ち合わせる。
目を閉じている状態の、人に日本刀を近づけると、自然と体が、うしろにのけぞる。
脳が、日本刀を知覚していないにもかかわらず、うしろにのけぞるのは、体が、金属を知覚する能力を持ち合わせているからだ。

このうしろへののけぞり方は、脳意識を介入していないため、条件反射的な動きをとる。

日常空間を立体的に再現するホログラムでは、こういう体の動きを、再現する必要がある。
ホログラムほど、日常のリアリティーのある映像を出せる技術は他になく、そのリアリティーは、体のこういう仕組みを知っていてこそだせるのである。

ホログラム技術を知って、プログラミングできる能力よりも、むしろ体のこういう動きを理解して、プログラマーに仕様書を書き、指示できる能力が要求されてくる。

プログラマーでも、こういう仔細な体の動きのメカニズムを理解していなければ、ヒットするゲームをつくることはできない。

ゲームクリエイターの就職先

ノンプログラマーが、ゲームを創造し、プログラマーは共創するパートナーとなる。

勉強した

従来のゲームの概念を変えてしまう破壊的なイノベーションを起こせるプランナー

時間の本質を立体空間に示せる哲学者的要素が要求される。
たとえば、コーヒーから湯気がでるのが1分までで、その後は冷めて、温度感が低くなる等
ホログラム上でのゲームでは、この時間の本質が、ゲームの背景に示されている必要がある。

ホログラムというのは、人間が知覚する空間をそのまま立体感覚と合わせて提示される必要があるからである。
ある意味で日常空間にプレイヤーを放り込むような作業に似ている。
文系や理系を問わず、僭称や本質に対して、深い洞察ができるプログラミング技術の理解者


独学段階から、何をすべきか?関連する入門者向け書籍を10冊ほど同時並行で読みながら、実際に無料のプログラミングのネット塾を使いコーディングしてみる。

ネットの安易な情報と異なり、実体験に基づく、迫真極まる情報が欲しい。

専門学校へ行く前の準備段階として何をすきか?

入門者向け書籍で、知を磨き、無料のプログラミングのネット塾で行(修行)を行う。
プログラミングのコーディングの基礎の型命令や変数代入などと、実際のプログラミング
が、タイアップしてくる。