ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターの適正と資格は?年収とやりがいは?種類と学校の選び方!

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイターになりたいけど、ゲームクリエイターって、いろんな意味で使われている。

一言に、ゲームクエイターといっても、どんな仕事をする人を指すのか?

この素朴な疑問に、ズバリ答える!!

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターとは、ゲームの企画と制作に関して、関与するクリエイターの総称である。

具体的には

  • 企画立案者としてのゲームプランナーや、
  • ゲームのプログラムを書くプログラマー、
  • ゲームのデザインを担当するゲームデザイナーなど、

ゲームの製作にかかわる、ビジネスパースンを広くさす呼称である。

ゲームクリエイターの仕事内容と種類

game creator

問題の所在

ゲームクリエイターへの入り口は?

・企画かプログラマーか?

・文系なので、何から始めたらいいのか?イメージがわかない。

・企画の仕事から入るのが文系出身者としては、適切なのか?すると、マーケッティングから勉強か?

企画職でゲームプランナーになるにも、プログラミングの知識が必要との見解もあり、さらにプログラマーになるには、数学も必要との、ネットの情報もあるので、数学からスタートすることも考えた。

でもモチベーションが続きそうにない。
わかるわかる!堂々巡りで答えが出ない。

game creator programer

でもここってすごく大事なところ、
ここで、安易に、結論を出してしまうと、あなたが、前人未踏のゲームクリエイターになれる素質があるにもかかわらず、平凡なゲームプログラマーで一生を過ごす羽目にも..

3Dからホログラムへとゲームが変容していく時代のクリエイター

従来は、

  1. 高校卒
  2. 専門学校卒
  3. 大学卒

のいずれかの学歴で、ゲームクリエイターになるのが、一般的であった。

しかし今後は、  企画者としての洞察力の本質を大学で学び、大学在学中に コーディング やデザインのプログラミング業界での処世術ともいうべきスキルを、夜間に専門学校で学ぶのが、効率のいいクリエイターへの勉強のやり方になる。

3Dからホログラムへとゲームが変容していく

ゲームのホログラム化が進むと、ゲーム性を視野にいれつつも、プログラムやデザインに芸術性や、人間科学性が反映される。 

プランナーもプログラマーもデザイナーも立体感覚や人間の動作に対して、深い洞察力を身につける機会が必要となる。

プログラミングやデザインを勉強しているだけでは、足りない。プログラミング力やデザイン力は、プログラミング業界で生きるための処世術にすぎないからだ。

処世術は、ビジネス能力があることが前提だ!ゲームプランナーにとって必要なビジネス力は、ホログラムでのキャラクターの動きを、リアルに見せることができるための洞察力である。

 

ゲームが好きなだけで、プログラマーになる時代ではない。


もはや、これまでのゲームの延長線でのゲームクリエイターは生き残れない!

3D技術を駆使したゲームが一世を風靡する際に、ゲームが好きだという理由のみで、プログラマーになった人が、数学に疎く、三角関数すらできずに、市場から退場した。

3D技術を駆使したゲームプログラミングは、三角関数が必要不可欠なので、数学が苦手では済まされないという時代があった。

現在では、組織の下流でプログラミングを制作するゲームプログラマーでさえ、高等数学の基礎知識は必須!

むしろ、数学というよりも数学者的視点を有するかどうかが問われる。

現在のゲームプランナーに求められる資質


哲学者や数学者の要素をもったプログラミング技術の理解者

文系の大学では、哲学的要素を伴う学科を極めよう。決して哲学科へという意味ではない。プログラミングの基礎的知識は、専門学校で習得すれば十分といえる!(現代の専門学校は大学と上下の関係にない。補完関係である。大学とのダブルスクールが前提)

従来のゲームプランナーの枠で考える× 現在のゲームプランナーの枠組みで考える〇
 

従来の感覚で、ゲームクリエイターになろうとすると、大失敗する。

計算的要素はAIを装着したゲームエンジンが!数学でさえも必要ない時代の到来!文系理系を問わず、多方面に興味をもったビジネスパーソンこそゲームクリエイター


プログラマーの感覚を理解する必要はある。しかし職業プログラマーを経て、ゲームプランナーになる必要はない。

3Ⅾ技術でさえ、もはや古い!ホログラム技術が発展し、日常空間を立体空間に再現し、ゲーム要素を入れていけるクリエイターこそ、ひっぱりダコになる。

日常空間を立体的に再現するには、人間の動作への深い洞察力が必要

実は、人間は、目が、見えなくとも、金属を知覚できる能力を持ち合わせる。
目を閉じている状態で、人に日本刀を近づけると、自然と体が、うしろにのけぞる。
脳が、日本刀を知覚していないにもかかわらず、うしろにのけぞるのは、体が、金属を知覚する能力を持ち合わせているからだ。

このうしろへののけぞり方は、脳意識を介入していないため、条件反射的な動きをとる。

日常空間を立体的に再現するホログラムでは、こういう体の動きを、再現する必要がある。
ホログラムほど、日常のリアリティーのある映像を出せる技術は他になく、そのリアリティーは、体のこういう仕組みを知っていてこそだせるのである。

ホログラム技術を知って、プログラミングできる能力よりも、むしろ体のこういう動きを理解して、プログラマーに仕様書を書き、指示できる能力が要求されてくる。

プログラマーでも、こういう仔細な体の動きのメカニズムを理解していなければ、ヒットするゲームをつくることはできない。

ノンプログラマーが、ゲームを創造し、プログラマーは共創するパートナーとなる。

従来のゲームの概念を変えてしまう破壊的なイノベーションを起こせるクリエイター

時間の本質を立体空間に示せる哲学者的要素が要求される。
たとえば、コーヒーから湯気がでるのが1分までで、その後は冷めて、温度感が低くなる等
ホログラム上でのゲームでは、この時間の本質が、ゲームの背景に示されている必要がある。

ホログラムというのは、人間が知覚する空間をそのまま立体感覚と合わせて提示される必要があるからである。


ある意味で日常空間にプレイヤーを放り込むような作業に似ている。


文系や理系を問わず、僭称や本質に対して、深い洞察ができるプログラミング技術の理解者がこれからは、ゲームプランナーとして、要求されてくる。

プログラミング力は、どんなゲームクリエイターにとっても、最低限のスキルとして、身に着ける必要がある。例えば、ゲームプランナーもプログラミングのことを机上の論理で理解しているだけでなく、実務的スキルとして、理解していないと、ゲームの企画書が書けない。

またゲームデザイナーも、プログラミングの実務的スキルの理解なくして、ゲームの中でデザインしたコンテンツが、どう映るか?イメージできない。ホログラムが全盛になる現在のデザイナーは、特に、プログラミング力が要求される度合いが高まるといえる。

ゲームクリエイターになるたために、今受験勉強以外に何をすべき?


独学段階から、何をすべきか?関連する入門者向け書籍を10冊ほど同時並行で読みながら、実際に無料のプログラミングのネット塾を使いコーディングしてみると考えがち!

しかし、ネットの安易な情報と異なり、実体験に基づく、迫真極まる情報が欲しい。そうあなたは、感じているはずだ!ネット上の情報は、あまりに、表面的な情報が多いからだ!

大学と夜間専門学校へ行く前の準備段階として何をすきか?

  1. 入門者向け書籍で、知を磨き、無料のプログラミングのネット塾で行(修行)を行う。×
  2. プログラミングのコーディングの基礎の型命令や変数代入などと、実際のプログラミング
    を、タイアップしてくる塾でスタートを切る。〇

プログラミング力の習得は、楽器の練習に似ている。楽器を弾く前に、コードやスケールといった音楽理論を書籍で勉強しても、実際に楽器が弾けることは、ない。

プログラミングも同様で、変数や関数などのプログラミング知識を書籍でいくら勉強しても、コーディングはできない。

変数というものは、関数の引数に、挿入する膨大なデータを文字で簡単に挿入することができるというコーディングでの実際の使い方を、経験として、学ばないかぎり、机上の空論にすぎない。

関数の引数に、変数で挿入することが、データを扱う上でどれだけ楽か?は、実際に、コーディングしないとわからないのだ!

コーディングやり方を指導する塾で廉価な月謝で運営されているものを選ぶこと!が今のあなたにとって、最良の選択肢である。

無料で、安く上がる、準備は、それなりの成果しか、もたらさない!

無料のプログラミング塾は、転職あっせんの人材紹介会社が運営するものが、ほとんどである。転職することが前提で無料となる塾が多い。ということは、初学者向けのプログラミングを指導する塾ではないことを意味する。

ゲームクリエイターの就職先

ゲームクリエイターの正社員として就職する。

大手ゲームメーカー

ゲームメーカーとは、ゲームの企画、開発、販売までを、自社で一貫して、生産・管理できる組織や施設を有する大会社。

実際に自ら、自社設備を使って、生産しなくとも、次に説明するゲーム制作会社に、生産を発注することもある。

ただ、自ら、ゲームを生産する能力と組織や設備を持ち合わせている点に特徴がある。

具体的には、任天堂やソニーインタラクティブエンターテイメントなどの大手企業があげられる。正社員として入社する場合は、総合職というよりは、ゲーム制作のスペシャリストの以下の二つ職域で入社する。

  1. 特別職
  2. 開発職

 

総合職では、メーカーの幹部候補社員として、海外へ転勤したり、支店を任されたりする。

ゲーム制作会社

ゲーム制作会社とは、ゲームの販売を除くゲームの企画、開発、制作を行う会社である。ゲームのプログラミングをするのが、楽しく、時間を経つが、分からないくらい夢中になってしまう人向け!

ゲームプログラミングの最先端の技術を追い求めたい!特に、個人のゲームクリエイターとしての、ブランドが出ている人などは、ゲーム制作会社向き!

ゲーム制作会社も大手から、ソフトハウスのような小さな、会社まで、大小さまざまな規模で活躍している。

ゲームメーカーとゲーム制作会社各志望者の向き不向き

ゲームメーカーは、役割が、細分化されていて、トータルな実力をつけるのに時間がかかる。

ゲームメーカーは、制作から販売まで、大手として、安定した生産と販売が要求される。その結果、クリエイターとしての自由度小さく、個々のゲームクリエイターの権限も小さい。代わりの効く技術者を多数抱えるというイメージである。

新卒で入社する場合、下積み期間=雑用や、ルーティン仕事があり、クリエイターとして、面白味のある仕事をするまでには、時間がかかる。この間に、転職してしまうと、中途半端なままなんのスキルも身につかなくなる。

下積み期間は、その新人に仕事を任せても果たして大丈夫なのか?会社から、人となりを見られる期間と割り切る。先輩社員の仕事上の自慢話も、時には、真摯に聴く姿勢がもとめられる。

ゲーム制作会社は、制作のみのプロフェッショナル集団である。特に中小制作会社の社員は、大手ゲーム会社から制作を請負うクリエイターとして、裁量の自由度が大きいので、実力をつける度合いも大きい。最先端のゲームクリエイターとして、仕事に参加しているとの自負を求めるクリエイター向け。

ゲーム制作会社の例としては、株式会社Cygamesなどが、挙げられる。https://www.cygames.co.jp/

 

ゲーム制作会社は、即戦力として、転職する会社である。新卒で入社するには、中学校から、ゲームプログラミングなどで、コンテストに入賞したとか、即戦力の要素を兼ね備えている人が、向いている。

ゲームクリエイターの年収と給与体系例、お金だけでは、仕事を続けるのは、困難!

ゲームクリエイターの収入の情報をどう理解して、活かすか?

ゲームクリエイターの収入の関する情報は、インターネットで知ることができる。

ゲームクリエイターの年収の相場としては、新卒の正社員で、300万円から400万円の間が標準的である。

勤務先となる会社の規模や職種、役職などで、年収は異なってくる。

大手のゲームメーカーやゲーム制作会社では、新卒時から年収が高いのが、特徴である。

新卒社員の80%が、3年以内に辞めていく。優良会社の新卒社員でさえ。ーお金だけでは判断できない。

同じ収入でもスキルをお金をもらって教えてもらう意味合いと、単なる仕事の対価としての意味合いがある。

ゲームクリエイターを目指す職場は仕事と同時に、学びがある職場

長続きしないとゲームクリエイターにはなりにくい!

そういう意味ではソフトハウスのゲーム制作会社などは、新卒時の年収は低いが、スキルをお金をもらって、教えてもらえるという意味もある。

しかし小規模会社なので、学力と即戦力が求められる。

大学と専門学校のWスクール